いつまでもこども

語彙力のない大学生オタクの備忘録

担降りしました。

突然ですが、東京B少年の浮所飛貴くんに担降りします。
f:id:ta12u:20170501235416j:plain

ほとんど飲めないお酒のチカラを借りて正直勢いに任せて書いています。書かなくてもいい気もするけれど、浮所くんへの好きと岸くんへの好きを言葉にして残しておきたいと思って書くことにしました。(自己満足)



岸くんのオタクになって今日(2017.05.01)で1995日目。岸くんが生まれた年
言い方は悪いけれどまさか2017年の春も岸くんがJr.だなんて思ってもみなかった。これぞモンペの極み。


ジャニヲタの友人に勧められてみたMステで岸くんが眉間にシワをよせて身体全体で踊ってるのを見たのが2012.11.14。これをきっかけに、親に隠れてガラケーワンセグヤンヤンJumpを録画したり、(死語だらけ)こっそりドル誌を買ったり、親に頼み込んでコンサートに行っていたのが、1人で博多に観劇するまでになっていた。
ta12u.hatenablog.com



2015年夏、テレ朝夏祭り応援サポーターとして活動した特別な夏が終わってからは、
f:id:ta12u:20150821163050j:plain岸くんがアイドルとして駆け上がっていく様子をまるで自分のことのように喜んでいた自分には、何者にもなれない長いトンネルの中にいる岸くんを応援していくのが少し辛くなっていた。


2016年の夏も私はEXシアターで壁と同化しながら立っていた。
ボロボロの涙でビショビショな状態だった私はパフォーマンスバトルで浮所くんを見つけました。

見つけたと言うよりは、サッカーボール片手にやたらニコニコキョロキョロしていて、The☆天真爛漫な笑顔で楽しそうに視界に入り込んで来た。(個人の感想) ハイハイ〜のメンバーとしてローラーを健気に頑張ってる姿を自然と追うようになって、このときから(2016.07.31)岸くんのいない時間は浮所くんを見るようになりました。

サッカーボールを持ってる手に絆創膏を張っていた14歳の浮所くんのことはこれからも忘れないと思う。


季節は変わって冬(2016.12.08)。約4カ月ぶりに見た浮所くんは顔付きも表情もオトナっぽくなっていて、ユニットも変わっていた。可愛いと思っていたものが急にカッコよくなっていた事実にテンパった私は双眼鏡でつい三度見した。白のハチマキとセットされた髪を見てジャニーズなのを実感した。(夏はよく序盤で前髪割れてた)アイランドは結局この日しか入らなかったけど、後日友人に頼んでステフォを買ってもらったのはここだけの話。



約4カ月後のジャニーズJr.祭り。アイランドから3ヶ月強が経った浮所くんは顔付きも何もかもが変わっていた。以前よりも踊れるようになっていたし可愛いさもかっこよさも兼ね備えたスーパーアイドルにしか見えなかった。
f:id:ta12u:20170502000156j:plain


それまでも岸くんのいないときに浮所くんを見るDDっぷりを発揮していたが、岸くんよりも浮所くんを探すようになってた。




岸くんへの好きの気持ちよりもいつの間にか浮所くんへの興味や好意の気持ちがが大きくなっていた。天秤にそれぞれの好きの気持ちをかけて比べていたわけでもなく、岸くんへの好きが浮所くんへの好きで上書きされるのではなく、ただ純粋に浮所くんへの好きや興味が大きくなっていった。


純粋な気持ちだから故にこのことは人を傷つけるとも思った。なかなか周りの同担に言い出せなかった。自分は岸くんからフェードアウトする身だけど、現在進行形で応援している人はたくさんいて、自分は少数派だということは今後も忘れないようにしたい。


横アリー埼玉のたった二週間の間でも浮所くんは成長してるように見えた。
他のJr.も変化し成長していて浮所くんだけが成長してるわけではないのに、この浮所くんの成長を自分の目でしっかりと見ておきたい。と心の底から思ったことが担降りする1番の理由です。



勝手に岸くんは長いトンネルの中にいてそれをいつ抜けられるのか誰と抜けられるのかどんな道がひらけているのかわからないと思っていたけれど、この感覚は岸くんに限ったものではなくて、それはこれからの浮所くんにも当てはまるかもしれない。

そもそもこの感覚自体が間違いでイチオタクの思い違いだったと思える日が来て欲しい。


私が捧げた青春。いや、彼らが捧げた青春が意味あるものとして、カタチとして残るそんな風になれたら幸せなのに。




だって青春は2度と戻ってこないのだから。

博多座のすゝめ

結論から言います。


博多座最高でした。


f:id:ta12u:20160922133657j:plain




夏のサマステ、サマパラのこともまとめきれてないまま気付いたら9月も後半になっていますが、今日は博多座の話をします。

ちなみに、ジャニフワの話はほとんどしません。後日書きます。


博多座のいいところその1

観やすい

いわゆる天井席の3階の下手より最後列で観劇をしたんですけど、非常に見やすかったです。
あくまで私の感想ですが博多座は舞台の周りにコの字型に観客席があるからか、帝国劇場の後列より舞台が近いように感じました。イメージ的には帝国劇場の後列はステージの自担を遠くからそっと見守る感じで、博多座の後列は自担を斜め上から見下ろす感じです。(伝われ)つむじがよく見えます。


ヒンデンブルクのステージ下の記者とか通路を使う演出は見えませんが、ステージ上を野鳥の会する分には差し障りはありませんでした。

二階の中央センター後列は通路は見えなかったけれど、OPのプロデューサーと少年のくだりとかヒンデンブルクの記者の登場とかは問題なく見えました。
観劇した中でで唯一視界を妨げたものといえば前列の背中を背もたれにつけない人の頭でした。
EXシアターかな???(EXシアターのスタンディングて双眼鏡を使うと前の人の頭が入って丸いレンズ越しの視界に黒いものが入りがち)って思ったりしたので、みんなマナー守ろうね♡って心の底から思いました。



博多座のいいところその2

食べ物が豊富

語彙力がない見出しなんですけど、文字通り食べ物が豊富なんです。九州物産展に来たのかな??って錯覚するくらい劇場内が売店で賑わっててお土産だったり軽食とかいろんなものが買えます。
f:id:ta12u:20160922162955j:plain



ちなみにお土産には店舗によっては記念の紙がついた商品もあります。




f:id:ta12u:20160923224319j:plain
これは博多座に常設している売店で購入した通りもんについてました。



お店は常設のものだと二階席にはカフェ、一階席のお弁当売り場の近くには華幸さん(英世1枚くらいからの和食)とかがあります。あとはお土産ものやが並んでいるエリアにドトールとパン屋があったかな??確か。和食の華幸さんは開演前に幕間の食事を予約したり色々とできるみたいなので次回博多座に観劇に行く機会があればチャレンジしてみたいです。


www.hakataza.co.jp



お弁当売り場はザッとこんな感じでした。
座長も大好き鮭弁当1つ下さいって少し言って見たかったな……
f:id:ta12u:20160922150135j:plain



食べる場所としては客席、ロビーの椅子(ふかふか)だけでなく食堂(華幸さん)横の休憩コーナーあとは二階席のコインロッカー(あとで小銭が返ってくるタイプのもの)の手前に少しイスと机のあるスペースがあったのでそちらを使ってみるのもありかもしれません。

f:id:ta12u:20160923191903g:plain



あっあと、幕間に観客席でお弁当を食べていたら博多座のスタッフの方がゴミを回収して下さってなんだか申し訳ない気持ちになりました。




詳しい館内の様子や売店等はオフィシャルサイトでご確認下さい。

www.hakataza.co.jp




今回は初めての劇場での1人観劇だったので幕間や開演前の時間をポケモンGOでもして過ごすしかないかなと思ってたんですが、お土産が買えたり、お弁当を選んだりと有意義に使えました。


あと、博多座で個人的にいいなと思ったのはチケットをもぎるところの手前に座れるカフェスペースがあることです。地下鉄から直結なので雨に濡れることもほとんどなく劇場につけるのもポイント高いんですが、カフェスペースがあったらお友達との待ち合わせとかに使えるなーと思ったので今後活用したいです。帝劇にも欲しい……… 帝劇地下のマック飽きた……



以上が、私の個人的な博多座オススメポイントになります!


博多座初心者が勢いで書いているので、足らない部分もあるかと思いますが、お手柔らかにお願いします。


博多座での観劇がとにかく楽しくて、また来たい!!!と心の底から思えたので、今回のジャニフワが今後のに繋がる舞台になったらいいなと思いました。


f:id:ta12u:20160923232600j:plain


グッバイ博多座

シアタークリエはワンダーランドだった

いよいよ始まりましたジャニーズ銀座 Prince 公演

運良く初日公演に入れた(神様本当にありがとう)のでざっくり感想を書いていきます、

記憶を頼りに本当にざっくり書いていくのでお手柔らかにお願いします。

f:id:ta12u:20160514083454j:plain






開演5分前くらいにステージの方から初日がんばろー的な円陣の声が聞こえる。

勝つんだWIN

3人verの勝つんだWIN。キンプリの時よりも1人あたりのパートが増えてる(ポジティブ)。会場のヲタクのペンラの揃い具合も圧巻。いわちのWe gotta win は健在。

Messenger

あっこれ少クラでやったやつ。マイク3本だけど壁は壊せるよ!!!!と本気で思う。

ノーマター・マター

見学に顕嵐と宮近がいるなか披露。イントロから盛り上がる会場。クリエセクボを懐かしんでいたら岸くんが歌詞を忘れたのか歌うのを忘れたのか、ケチな言葉〜あたりを歌い忘れたのに持ってかれる。

メンバー紹介

ちびっこJr.を紹介するお兄さんなPrinceが見れるのはシアタークリエだけ!

青天の霹靂

あっこれ少クラでやったやつ。(2回目)とにかくかっこいいので目が足りなくなる

Back Fire

お尻に火がついた〜でPrinceの声が高くてびっくりする。Princeかっこいい。

A MY GIRL FRIEND

今までの曲と違ってしっとり聞かしてくるPrince。 思いっきりペンライトを横に振る私。Princeの高い声がセクゾのバラード曲と合うのを実感。君のいない世界は〜のところが凄くよかった。

Guilty

岸くんソロ曲。椅子を使った演出で大人っぽい雰囲気。さすが20歳。椅子の上に立って前に倒して降りるところ(伝わりますように)で若干足が震えているのが見えて萌える。緊張する岸くん最&高。セクシーな雰囲気だけど椅子はなで回したりしない健全なGuilty 。

祈り

じぐいわ曲。原曲とは少し違うアレンジがかっこ良かった。。神宮寺さんの冒頭のラップが自然だった。じぐいわの2人の世界っょい。

ジャニワコーナー

いわちのセリフから始まる。フューチャーワールドの宣伝とかをして、これからショーの一部をお見せしますって言われて軽く混乱。

When I was seventeen

ちびっこJr.曲。川崎くんの歌がとにかく上手い。

Secret Agent Man

ちびっこJr.曲。 昔岸くんもドームサマリーとかでやった思い出の曲。

SUMMARY 2011 in DOME

SUMMARY 2011 in DOME

こちらに収録されてるのでぜひ

Dance!

岸くんがタップをするソロ曲。イントロで泣いた。イントロが流れた瞬間の岸担の湧き具合が(自分含め)本当に凄かった一曲。ただ岸担以外には馴染みのない曲なので会場はさほど盛り上がっていなかったのが少し残念。*1 まさかクリエの階段でShockが見れるとは思わなかった。
ユウタは大きくなっていました。(確信)
これをやろうと言った人に金一封送りたい。

東京ブギウギ

いわちソロ曲。いわちがちびっこJr.を引き連れてステッキ片手に可愛く踊る一曲。

Let's go to earth

やっときたジャニワ曲。LGTEをペンライト振りながら観るのがとても新鮮だった。なんで去年ジャニワ出なかったのか軽く鬱になりかける名曲

NOT ENOUGH

再びのジャニワ曲。バイブレーションとかの部分がコール&レスポンスになってて超楽しい!!!!!

Helloハルイロ

こちらも3人ver。カイちゃんのパートは岸くんが歌う。岸くんがイントロでジャケットを脱ぎ忘れて目覚ましよりも~って歌いながら脱ぐ。それすらもかわいい。オタクのペンライトがめちゃくちゃ揃ってた曲(2回目)。歌詞の夢どこまでも追いかけていくよこの手で掴むまではが心にしみた。

MC

Princeの魅力が詰まったMC。まとめきれないので割愛します。

世界が1つになるまで

ちびっこJr.とPrinceで披露。手話の振りをする岸くんの指がとにかく綺麗な双眼鏡タイム。

3秒笑って

ちびっこJr.曲。振り付けが指を3にして胸の前でクロスとか3関連のものが多かった。

ひとりぼっちのハブラシ

神宮寺さんソロ曲。ギター片手に登場。ペンライトは緑に変えておこう。

てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜

岸くんといわちの曲。お立ち台のある通路から登場。いわちはブタ、岸くんはサル耳をつけて登場。超かわいい。かわいいは正義途中の岸くんのリコーダーソロと茶番劇は本当に面白いので絶対に見て欲しい。ピロピロパヤパヤ〜のところのいわちがとにかくかわいい。岸くんのリコーダーソロをやるきっかけが知りたいので今後のMCに期待。

BYAKUYA

今村くんとかちょっと大きめのJrが披露。振り付けはSexyZoneの聡ちゃんがやったVer。

カナシミブルー

セクゾツアーでも披露したkInkI kIdsさんの名曲。ウェルセクツアーがBlu-rayで映像化されたらいいな!!!!

MAGMA

少クラでも披露した曲。岸くんがキメキメに踊ってるのが見れる曲

Monster

少クラでも披露した曲。テンションが上がりすぎて記憶がない

愛について

岸くんと神宮寺さんが歌う。いわちは階段付近でおどったり愛についてセリフを言ってくれます。Wゆうたの声はやっぱり高かった。

keep it up

2013年ごろじぐいわあむれいあくらもっちゃんとかのセクボで披露した曲。岸くんは確かショックでいなかったのを思い出す思い出の曲。Princeの成長を感じられる曲。

Hey girl

いわちソロ。Keep it upと同様の赤西曲。いわちがstussyのパーカーを着てJr.と一緒にかっこよく披露する曲。いわち担だったらstussyの服を着てコンサートに行こうと思う。ペンラはピンクに変えておこう。

Beat Line

さあて今週も始まりましたヤンヤンJUMP~って言いたくなった。スクール革命に歌のコーナーがあったころの思い出の曲。冒頭が神宮寺さんのスネアから始まる。リメンバーガムシャラ。リメンバーチーム者。途中で岸くんといわちがバク転をするのも見逃せない。

Great 5

岸くんが頭を振りすぎて髪型が崩れたのがたしかこのあたり。(うろ覚えなので間違えていたらごめんさない)とにかくかっこいい。エビ曲はあまりやらないPrinceなので今後もやって欲しいなと思った。ずっとLOVEとか。

Power of run

前向きな歌詞を歌う姿にグッと来た。ここらへんから記憶がない


アンコール

グッデイ

冒頭から盛り上がった曲。岸くんがイントロでグッデイグッデイ連呼してたのが超かわいかった。

勇気100%

プリンスの高音ボイスがよかった。オタクのペンライトが綺麗に揃っていた。




長文乱文失礼しました。ほんと雑に覚えがきとして書いているので間違っている所があるかもしれません。
プリンスの3人がそれまでやってきた楽曲やバックダンサーとして関わってきた楽曲が多く彼らのジャニーズJr.としての歴史が感じられた2時間でした。

これからのPrinceの未来に幸あれ!

*1:この曲は岸くんが出演していたEndless Shockの劇中歌で1幕中盤で岸くんが屋良くんとやまりょと披露したもの。2013年岸くんが初出演した年に出来た曲で曲中に岸くんのソロパートがあり、最新の2016年版では松倉が披露している。

やっぱり梶くんの言いなりになった

渋谷でのライブビューイングと六本木2回目の舞台挨拶に行ってきました〜

大きなスクリーンで自担観れるっていいね!!!!!!!!!!!!

成人した男性にこんなこといっていいのかわからないけれど、岸くん超可愛いね!!!!!



正直に言います。



めっちゃ面白い



個人的な話になるんですけど、あんまり少女マンガが得意ではなくて。
映画の宣伝文句のエロキュンに自分はついていけるのかとか、少女マンガ原作だしと期待はせずに劇場に行ったんですが

めっちゃ面白い(二回目)



スペシャルドラマは見たけれど原作は1巻だけしか読めてない非国民なんですが、この勢いで原作も買おうかなと思ってます。

黒崎くんの言いなりになんてならない(1) (別冊フレンドコミックス)


映画の方で由宇ちゃん(ヒロイン)が今までの流れ(ドラマの内容)を振り返るシーンがあるので観なくてもスペシャルドラマを見ていない人でも大丈夫なようにはなってました。

www.ntv.co.jp



というわけで、黒崎くんの劇場版の話をつらつら書いていこうかなと思います。勢いで書いてます。あくまで個人の感想です。ネタバレ注意!


kurosakikun-movie.com

冒頭
・冒頭からキスシーン多め。キスの上書きとは????? でも、映像がきれいなので問題なし

・教室からいろいろと飛ばしまくる黒崎君。ちなみに梶くんもいます。一瞬うしろ姿が映るのがとても可愛い。

・芦川さん美しい。まだ18とか嘘でしょ?

・黒崎くんがやばいことにはドラマの時点で気づいていたけれど、白王子もなかなかのくせものだと気づく。



風呂

・白と黒のアプローチのせいで怨みを買う由宇ちゃん。あの子達は絶対に女子トイレでたむろするタイプ。

・入浴シーンはカメラアングルがなかなかすごい。

・白王子が顔に反してマッチョだった。

・心優しい黒崎くん。人としてまともな面があることに安心する単純なオタク。

・すっぴんを心配してるけど、すっぴんもお綺麗なのでノープロブレム。

・由宇ちゃんが溺れるシーンが結構コミカルでおもしろい。

・黒崎くんが由宇ちゃんを運ぶシーンで使われている音楽がお兄ちゃんガチャぽいのは気のせい?



ピアノ

・予告で使われてる梶くんのセリフが流れてるのはここ。

・黒崎信者にいなった経緯を説明する梶くん。中学時代の梶くんのスピンオフをやってほしい。

・棒アイスを食べる梶くんを観て、奏多くんを思い出して泣きそうになる。

・指鳴らすのでざわつく劇場。


バスケシーン。

・芦川さんが美しい(二回目)

・バスケをする梶くん。また、奏多くんを思い出して泣きそうになる。

・バスケの勝敗で勝手に由宇ちゃんをかける王子たち。梶くんは楽しそうに得点係をしていて可愛い。笛吹くのすら可愛い。

・芦川さんの黒崎くんへの気持ちに気づく。恋バナする由宇ちゃん。友だち出来てよかったね!!!!!!!!

・でも、やっぱり黒崎くんが気になる由宇ちゃん。それよりも早く、黒崎くんにワイシャツを返そう。


・このシーンの岸くん、いや梶くんめちゃくちゃかわいい

・梶くんのワンコ感がすごい

・ここはみんなで話し合って作ったシーンだと舞台挨拶で言っていたので要チェック。

・白王子大胆だなーと思ってたら黒崎くんのほうが数倍上だった。捕まるよ???

・梶くんの見所。


遊園地

・1人だけ、BOXシートが違う梶くん。

・セルカ棒を持ってルンルンな梶くん。絶対、写真にセルカ棒をうつしちゃうタイプ。

・1人おいてかれたり何かと不憫な梶くん。

・突然のトッポで笑いにつつまれる劇場。

・撮影方法が気になる観覧車のシーン。

・空気の凍りつくシーンでも梶くんが出てくると笑えるのはすごい。


ラスト

・なんだかんだで奴隷じゃなくなる。黒崎くんが一番大切なのは白王子疑惑。

・ピアノの前だと比較的まともな黒崎くん。

・由宇ちゃん黒崎くんへの気持ちに気づく。芦川さんの心が広すぎて泣ける。

・またしても、由宇ちゃんをかけてバスケをする王子。靴下がそれぞれちゃんと白と黒になっているのもポイント。二人の世界が広がってる。

・バスケシーンでの黒崎くんの汗が多めなのはきっと気のせい。

・最後にもちょこっと出てくる梶くん。芦川さんをさりげなく気にかけててとってもいい子。(モンペ)

・最後のキスシーンの流れがすごく好き。劇場からもれる悲鳴。




こんな感じです。梶くん多めになってますが、突然のトッポとか笑えるポイントも多くあって、エロキュンも出来て、面白い映画なのでオススメです。

3月にはスペシャルドラマのDVDも出るみたいなのでぜひ!

黒崎くんの言いなりになんてならない [DVD]

彼らなりの青春

ガムシャラサマーステーションがついに終了しました。


EXシアターに何度か通ったことで
六本木までの交通経路もアプリを使わず行けるようになりましたし、
だいたいどの時間に行けば自分の番号が呼ばれるかもわかるようになりましたし、
何号車に乗れば改札が近いとかも把握して、六本木駅の周辺のご飯やはそんなに高くないとかいろいろ学んだ夏でした。

今日はキンのプリではなく、パフォーマンスバトルについて書いていきたいと思います。



 
始まりは、5月20日の日がくれた頃に届いた突然局メでした。



謎に包まれ、あっ……察し……感にも包まれた特別公演の文字の後ろに我武者羅覇の5文字とともにパフォーマンスバトルに出演する25人の名前とこの世のパライソ♡聡マリちゃんの名前が書かれていました。



それから3か月後この夏私にとって日本で一番暑かった場所は甲子園やインターハイではなく六本木EXシアターになりました。

f:id:ta12u:20150821051202j:image


中学生から24歳までの男の子たちが優勝したら何か特別な特典があるわけではないのに、ただひたすらにパフォーマンスを磨き優勝に向かってひたむきに努力をする姿がEXシアター六本木にはありました。


甲子園や花園やインターハイ予選とはひと味違う彼らの青春は、キラキラした光に溢れていました。





チーム武の五人は自担である岸優太くんと以前から関わりのあった子ばかりでした。


チームとして仲良くなることがパフォーマンスバトルの必須条件の中、比較的小柄な五人は友情とは少し違った信頼関係を築いていきました。

f:id:ta12u:20150821053152j:image




25人の彼らは現状に満足することがなく、パフォーマンスバトルが進むにつれて、どのグループも難易度を上げ迫力あるパフォーマンスを披露しました。

ひたむきに上を狙いに行く彼らの熱意と根性、チャンスを掴もうとする姿は青春そのものだと感じでいきました。

武以外のチームに当初は、あまり興味はありませんでしたがパフォーマンスバトルが進むにつれて、視線は自然とステージ上で躍動する彼らに奪われていきました。




8月19日パフォーマンスバトルは終了し、チーム武の優勝で幕を閉じました。



優勝するんだろ?という言葉を有言実行してくれた彼らには感謝でいっぱいです。

f:id:ta12u:20150821060357j:image



優勝したチーム武の五人本当に本当におめでとう。

たくさんのテーピングの跡も流した汗も涙も全部彼らがこの夏を走り抜けた証しです。




熱い夏を闘い抜いた我武者羅覇25人の男の子達、千田くん始めサポートしてくれたJr.達、そして圧倒的な存在感を放っていた聡マリちゃん、途中参加のさなじいまで1人1人の姿が眩しいくらいに輝いていました。




たくさんのドラマを、彼らなりの青春を見せてくれて本当にありがとう。







特別な夏

ご無沙汰してます。

 

特別な夏が始まりましたね。

 

バレーボールではなく、テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭りのイメージキャラクターになってオリジナル曲を引っさげてオールスターゲームで曲をドドドドアウェイの中で披露するなんて4月には思ってませんでした。

 

 

そんなこんなで、行ってきました。

ガムシャラサマーステーションMr.KiNG VS Mr.PRiNCE特別公演atEXシアター六本木/

 

f:id:ta12u:20150801142240j:plain

 

 

セトリとかはもう出回ってるので今回はスルーします。

 

ちなみに7月19日の二部に行ってきました。


 

キンプリ公演のポイントは、意外にもMCでした。

 

れんれんと神宮寺が中心でトークを回していて、岸くんが話を広げて(散らかして?)、平野くんとたかいとが天然ぶりを発揮して、それにときどき入るいわち♡っていう感じで、楽屋の話とかハワイの裏話とかが聞けて岸くんの愛されっぷりも見れて個人的には満足でした。

 

 

テレ朝の夏祭りのキャラクターになったり特番決まったり、毎日の公演やったり、オールスター出たりと忙しい毎日を過ごしていてるはずのキンプリの6人のパフォーマンスは疲れを感じさせる部分が無くて、彼らもやっぱりプロのアイドルなんだな〜って思いました。

 

 

サマーステーションを始めとするキンプリのオリジナルの楽曲3つが流れたとき、自分でもよくわからないけれど泣きそうになりました。

 

オールスターゲームで見たときはサマーステーションのイントロのコールにあまりいい印象は持っていなくて、

 

ダッサwwwwwwwww何これwwwwww

 

ぐらいの勢いでしたが、いざ現場でやるともう楽しくって楽しくって1人参戦なのに隣の女子中学生に惹かれるくらいノリノリな自分がいて、心の底から馬飼野先生の偉大さを感じました。

 


 

岸くんがメインを務める公演が連日行われていることに素直に感動した1日でした。 

 




本人だけでなくファンにとっても岸くんの10代最後のこの夏は特別な夏に違いない。そう確信した特別公演でした

 f:id:ta12u:20150802210531j:plain

 

1人お兄ちゃん、ガチャ

近くに行く用事があったので、お兄ちゃん、ガチャのバレエ教室のロケ地である千葉市美術館に行ってきました。

 
 
f:id:ta12u:20150306084915j:plain
 
 
実は、ここに作品が飾られたこと*があるらしい(最近知った)
 
 
岸くんもここに来てたんだなむふふとか気持ち悪いことを考えてたらあっという間に着いた。(マスク着用済)
 
 
f:id:ta12u:20150306085711j:plain
 
 
平日の夕方だったからか、一般のお客さんもジャニヲタも誰もいなかった。
 
1人で手当たり次第に写真を撮りまくりました
 
 
 
 
まずは岸くんやお兄ちゃん達が入ってくる扉
f:id:ta12u:20150306090302j:plain
 
f:id:ta12u:20150306090319j:plain
 
f:id:ta12u:20150306090452j:plain
 
 
実際に入る扉と岸くんが入ってくる扉は多分一致していたと思う。
 
 
 
岸くんが入ってこない反対側の扉は奥に証明写真を撮るあれがあってちょっと残念だった
 
f:id:ta12u:20150306090654j:plain
 
 
 
あとお兄ちゃんズが1話で出てきた扉兼エンディング
 
 
f:id:ta12u:20150306090800j:plain
 
f:id:ta12u:20150306090840j:plain
 
 
f:id:ta12u:20150306090917j:plain
 
きゃートイくんきゃー
 
 
 
あとはこんな感じでした
 
 
 
f:id:ta12u:20150306091039j:plain
 
f:id:ta12u:20150306091142j:plain
 
 
 
f:id:ta12u:20150306091203j:plain
 
f:id:ta12u:20150306091300j:plain
外にあって普通の一般道路脇にありました。
 
 
実際にはミコと四葉の座っていた扉の横にあたります。
f:id:ta12u:20150306092528j:plain
 
 
 
 
f:id:ta12u:20150306091405j:plain
 
f:id:ta12u:20150306091344j:plain
 
 
ちなみに画像はiPhone6で撮ったものをそのまま上げてます。
 
アプリとかでは加工してないというか、加工するのが面倒だったのでしてません!!!!!
 
 
 
このホール(さやどうホール)には無料で入れますし、該当担の方にはマスク着用での来館をオススメします。
 
ただ、写真を撮っているときにシヤッター音がホールに響きわたって、現実に引き戻されそうになったのでご注意下さい。
 
 
 
*学校の授業で木彫and七宝焼きで時計を作る機会があって、ふざけてセクシーなゾーンが持っていた薔薇をモチーフに作ったら意外と高評価を得た。